シワ取りについて

ここでは、「シワ取りについて」 に関する記事を紹介しています。

人には皆個性があります。自分自身を上手に演出してモテる人を目指すことは可能です。

自分にあったおしゃれを追求することや美容にこだわることは大切です。一方、最近では美容整形の技術も日々進化しています。

美容整形の情報が、芸能人をはじめ様々なところで噂されますが、美容整形の良し悪しは個人の価値観で決めることです。まずは正確な知識と、情報を探してみてからでも遅くはないでしょう。

自分自身に自信をつけれるならば美容整形も否定できません。それよりも正しい知識で安全に美容整形を判断できる知識を持つことの方が重要です。ぜひともこのブログの情報を参考にしてみて下さい。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シワは年齢を重ねた肌に少しずつ姿をあらわすものです。これは性別を問わず誰にでもおこる現象です。しかし、美しく年齢を重ねたいと思っている女性にとって一番目立つ顔のシワはできる限りでないようにしたいと思うことはごく自然な願いです。女性はいつまでも女性らしくいるためにはお化粧とおしゃれは欠かせないものです。お化粧やおしゃれをより活かすならば根本のお肌を美しく保つことが何より重要なことです。

シワやたるみが発生しやすい部分
現在のシワ取り手術は昔よりずっと安全になりました。そしてなにより簡単になっているのです。シワやたるみが発生しやすい顔の部分はたいてい一緒で、口元、目元、首、頬などとなります。これらは技術の進歩によりいまやどこも部位でも手術でシワ取りをすることができるのです。シワ取りの手術には入院の必要はなく、翌日からも人前に出ることができます。

手術によるシワ取りの方法
シワ取りの手術後には皮膚のたるんだところを切除するため傷跡が残ってしまいます。しかしまつげや髪などで目立たない場所であるため、特に心配はいりません。シワ取りの手術後の状態は、仰向けになって鏡を見た時のような状態になります。

頬のシワや鼻の横のみぞに対しては、耳の上下付近でたるんでいる皮膚を切り取って、筋肉を斜め方向に引き上げる形で手術を行います。皮膚を切り取ってしまうだけでなく筋肉を斜めに引っ張り上げた方が、シワ取りの効果が長く持続し、このやり方で鼻の横や目元のシワをなくすことができます。目の下にあたる部分のシワ取り手術は、まつげの生え際で皮膚を切り取ります。

手術をすると、まぶたの下に皮下出血したように色がつきますが、これは一週間程度で消えます。額部分のしわを取るには、生え際から数センチ程度髪の中側に入ったところで皮膚を切除し、皮膚を引っ張って持ち上げます。この手術のよい点は、額の皮膚が厚いことから腫れたりすることがほとんどないことです。

いずれにしても施術をする美容外科医の経験や技術に幅があることが多いようですので広告を鵜呑みにせず口コミや信頼のおけるところでカウンセリングからはじめてみることが第一歩です。
スポンサーサイト
コラーゲンは死ぬまで一定量ということはなく、20代中盤頃から少しずつ減っていく成分です。表皮の下には新しい皮膚を作る真皮層がありますが、この部分の70%がコラーゲンです。新しい皮膚を産み出しす真皮のコラーゲンが年齢的な原因などで減少すると、新陳代謝が衰えてガサガサ肌やしみ、そばかすなどが目立つようになるのです。


さらに年齢とともに衰えてくる皮膚にはもともとたくさんの美肌を保つ成分が備わっています。そのひとつがコンドロイチンです。コンドロイチンはある程度の年齢になると、生成機能が衰え体内に存在する分が少なくなってきます。これは肌に潤い感がなくなっていく大きな原因のひとつです。水気を蓄えておく力が失われてまったお肌はカサカサしたり張りがなくなってしまうのです。

水分が不足し張りがなくなってくるとシワが目立つようになります。シワをなくしたいと考える女性は年齢層が上がるほど増えるといわれています。そこでシワ取りには色々な方法が考えられたのです。

注射によるシワ取り
例えば、シワ取りに有効な薬液を注射によって注入することでシワを取る方法もあります。元々真皮層に存在するコラーゲン、ヒアルロン酸を皮膚に注入します。この注射で、シワの溝のへこんだ部分の下を持ち上げてシワを消すのです。

一般的な手順はよく冷やした皮膚に細い針を注射をすることになります。痛みは少なく、小ジワの処置なら20分程度とごく短時間で終わります。シワの下に注入した薬液は、しばらくは皮膚を押し上げていますがいずれは吸収されなくなってしまいます。また、美容外科で使うコラーゲンは子牛の真皮から精製したものです。

専門家に相談することも重要です
アレルギーテストが必要になりますので、シワ取り手術を受ける前に1ヶ月は経過を見なければなりません。目の下の小じわ、鼻の両脇にできる線などのシワ取り手術として、シワ部分の下の皮膚にヒアルロン酸を注入する方法が広く使われています。

効果は永久ではないのが残念です
人体にはヒアルロン酸が元来含まれており、真皮の下から皮膚を押し上げて、シワを消す役目を担っています。生来のヒアルロン酸と異なり、シワ取りで注入したヒアルロン酸は体内に入ると徐々に分解され吸収されるため、一年弱でなくなります。

また他の方法として、ボトックス注入法などもあります。これは皮膚の下からシワを押し上げるのではなく、筋肉に作用してシワを消すという手術です。いずれにしてもヒアルロン酸注入とボトックス注入をうまく併用することで、シワ消し効果が高まりますのでカウンセリングなどで納得のいくまで説明を受けることが望ましいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。